HOME > こんなときは > 交通事故にあったとき

こんなときは

交通事故にあったとき

交通事故にあったとき

健康保険組合が一時医療費を立て替える

 相手のある自動車事故(第三者行為)によるけがの場合は、基本的には双方の自動車保険で処理することになりますが、健康保険でも治療が受けられることになっています。
 実際に健康保険を使用するかどうかは、加害者との話し合いの状況に応じて被保険者が選択するわけですが、健康保険を使用するときは、「第三者行為による傷病届」を健康保険組合に提出しなければならないことになっています。
 なお、業務上または通勤途上の交通事故は、「労災保険」の扱いとなり、「健康保険」で治療を受けることはできません。

できるだけ早く「第三者行為による傷病届」を

 自動車事故の場合、自賠責保険や任意保険などの自動車保険で被害者の医療費を補償するのが一般的ですが、健康保険で治療を受けると、健康保険組合は加害者や保険会社に医療費を請求(損害賠償請求)することになります。健康保険組合は、この届出がないと、第三者行為による病気やけがであることがわからないので、医療費を皆さまの保険料から支払うことになってしまいます。
 そうならないためにも、できるだけ早く「第三者行為による傷病届」を健康保険組合に提出する必要があります。

示談について

 自動車事故には後遺障害の危険がありますので、示談は慎重に行いましょう。