HOME > 健康管理事業 > タバコと健康

生活習慣予防

タバコと健康

タバコはストレス対策?

『仕事のストレス解消にタバコは手放せない』と思っていませんか?頼りにしているタバコこそが、実はストレスの原因となっているのです。タバコに含まれるニコチンは依存性が強く、不足するとイライラし、判断力も低下します。喫煙によってニコチン不足が解消されると、あたかもストレスが解消されたかのような錯覚に陥りやすいのですが、結局はタバコによって引き起こされるストレス(禁断症状)をタバコで解消しているだけなのです。禁煙するとタバコにまつわるストレスがなくなり、多くの人が「ストレスが減った」「イライラしなくなった」と感じます。

喫煙で老化促進・認知症に。意中の人も遠ざかる?

タバコにはニコチン以外にも、発がん性の強いタールや動脈硬化を促進する一酸化炭素等、200種類以上の有害物質が含まれています。その為、喫煙によって全身に様々な健康障害が生じ得ます。がんを始め、脳卒中・虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)等の疾患にかかる危険性が上がる他、歯茎の血行不良から歯周病が進行して歯を喪失したり、肺機能の低下により酸素ボンベが手放せなくなったりする場合もあります。脳では、血流低下によって萎縮が促進され、認知症になる確率が倍増します。また、口臭・歯の着色、老化の促進によるしみ・しわの増加・肌荒れ、頭皮の血行不良による薄毛など美容面も害してしまいます。
ある調査で、タバコの煙は「生活上の気になる臭い」ワーストワンに挙げられており、男女問わず「パートナーに選びたいのはタバコを吸わない人」と答える割合が圧倒的に多いなど、喫煙は人間関係にまで広く影響を与えるのです。

家族の未来は…

タバコから立ち上る煙は、フィルターを通して吸いこむ煙よりも有害物質の量が多く、周囲に多大な影響を与えます。たとえ室内で吸わなくても、子供の尿からはニコチンが検出され、衣服についた煙や呼気でさえも子供の健康を脅かしている事が分かります。そのため、乳幼児突然死症候群や脳腫瘍・白血病・気管支喘息・中耳炎・アトピー性皮膚炎等、数々の疾患を引き起こす可能性が高まるだけでなく、視力・知能等、子供の成長・発達全般に悪影響を及ぼすのです。親がタバコを吸う場合、子供も喫煙者となる確率が増え、結果的に子供の人生を大きく変える事になりかねません。また、1日20本喫煙する夫をもつ妻は、肺がんになる確率が1.9倍に増加する事も分かっており、タバコは平和で幸せな家族の将来像を崩し去ってしまう危険性をはらんでいるのです。

タバコを手放し、明るく快適な毎日を!

本当に大切なものを失って後悔する前に、思い切ってタバコを手放しませんか?禁煙すると様々な病気にかかる確率が下がるだけでなく、ストレスや肩こり等の体調不良が改善したり、喫煙場所を探す煩わしさから解放され、タバコ代が浮いたり…と、様々な面から『タバコをやめて本当に良かった!』と実感する事ができます。喫煙は依存症の一種ですので『やめたいけれど、やめられない』と感じている場合は、禁煙外来でご相談下さい。喫煙本数などの一定条件を満たせば禁煙補助剤の処方が保険適用となる場合もありますので、積極的にご活用いただければと思います(※)。自分はもちろん、傍にいる大切な人を守り、これから続く未来を明るく変えるために禁煙に踏み出す事をお勧めいたします。

2016年4月から、35歳未満の方は喫煙本数などに関係なく「ニコチン依存症」と診断されれば、保険適用で禁煙治療を受けられるようになりました。

報道健保の禁煙支援事業のご案内

当健保では、健診時などにタバコの三大有害物質(ニコチン・タール・一酸化炭素)の一つである、一酸化炭素の呼気中濃度を測定しています。一酸化炭素は、動脈硬化を進行させるだけでなく、持久力も低下させます。息を吐くだけで簡単に測れる呼気中一酸化炭素濃度測定器をご用意しておりますので、一度測定してみませんか?ご希望の方は報道健保 健康管理室 保健指導課(TEL:03-6264-0137)までご連絡下さい。

また、年2回(7〜8月、12〜1月)、禁煙コンテストも開催しておりますので、どうぞお気軽にご利用ください。