HOME > 健康保険のしくみ・給付 > 健康保険に加入する家族(被扶養者)

健康保険のしくみ・給付

健康保険に加入する家族(被扶養者)

健康保険に加入する家族(被扶養者) 被保険者の妻や子などの扶養家族は、一定の条件を満たせば被扶養者となり、保険給付を受けられます。

被扶養者になるための条件

被扶養者になるためには、次の条件を全て満たしていることが必要です。

  1. 75歳(寝たきり等の人は65歳)未満であること
  2. 被扶養者の範囲(三親等内の親族)に含まれていること
  3. 扶養家族が、主として被保険者の収入で生計を維持していること
  4. 年収が収入限度額を超えていないこと

「被扶養者(異動)届」および被扶養者の条件を満たしていることを証明する書類を事業主経由で健康保険組合に提出し、認定を受けてください。

なお、被扶養者の認定には何よりも公正な審査が重要であり、健康保健組合では行政の通達等に基づいて「被扶養者として適当かどうか」を判断しています。
みなさんのご理解をお願いします。

被扶養者の範囲(三親等内の親族)
被扶養者の範囲

「扶養家族が主として被保険者の収入で生計を維持している」ことの条件

「主として被保険者の収入で生計を維持している」とは、おおまかに扶養家族の生活費の半分以上を被保険者の収入によって賄っている状態をいいますが、この認定は次のような条件により行われます。

  1. 被保険者と同居している場合は、扶養家族の年収が130万円未満で、かつ被保険者の年収の半分未満である。
  2. 被保険者と別居している場合は、扶養家族の年収が130万円未満で、かつ被保険者からの仕送額(援助額)より少ない。

※ 扶養家族が60歳以上または障害厚生年金を受けられる場合は、上記1、2中の「130万円未満」が「180万円未満」になります。

【年収の考え方】

たとえばパート代が月額16万円の場合、年収に換算すると192万円になるので、たとえ3ヵ月しかパートをしないとしても、扶養の対象にはなりません。

被扶養者の認定の手続き

被扶養者の認定には、次のような手続きが必要となります。

  1. 被保険者の資格を取得したときに被扶養者のいる方は、「被扶養者(異動)届」に必要書類を添付のうえ、事業主を経由して5日以内に健康保険組合に提出してください。
  2. 被扶養者に異動があったとき、たとえば、結婚・出産・養子縁組等により被扶養者を有するようになったとき、また、就職・死亡等により生計維持関係がなくなり被扶養者でなくなったときは、その事由の発生から5日以内に「被扶養者(異動)届」「添付書類」を事業主経由で健康保険組合に提出してください。削除の場合は保険証(健康保険被保険者証)も添付してください。短時間労働者の被扶養者認定も同様です。
届出・申請書類
Adobe Reader ダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R)Acrobat Readerが必要です。お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロード(無料)してください。