HOME > 健康保険のしくみ・給付 > 健康保険証

健康保険のしくみ・給付

健康保険証

健康保険証 保険証(健康保険被保険者証)は、医療機関であなたが被保険者及び被扶養者であることを証明するものですので大切に扱いましょう。他人との貸し借りや、内容の書き換えは禁止されています。

医療機関では必ず提示する

医療機関にかかったら必ず窓口で保険証を提示します。提示することで初めて健康保険が使え、医療費の一部を負担すれば、残りは健康保険から医療機関に支払われます。

貸し借りなどは不正使用に

保険証の不正使用は法律で固く禁じられています。次のことは必ずお守りください。

  1. 医療機関にかかるときは必ず携行する
  2. 治療が終わったら必ず返してもらう
  3. 他人との貸し借り、内容の書き換えはしない

70歳以上の人には「健康保険高齢受給者証」

70歳以上の人の窓口負担は定率の2割ですが、現役並みの所得がある人とその被扶養者は3割負担になります。70歳になった人には、保険証とは別に「健康保険高齢受給者証」を交付しますので、受診の際は保険証とともに「健康保険高齢受給者証」を医療機関の窓口に提示してください。
なお、75歳以上の人は後期高齢者医療制度の対象となります。

※ 標準報酬月額の改定などにより、窓口での負担割合が変更となる人には、新たな負担割合を明記した「健康保険高齢受給者証」を交付します。
これまでお使いの高齢受給者証は返却してください。

こんなときはすみやかに手続きを
こんなときは速やかに手続を
届出・申請書類