HOME > 健康保険のしくみ・給付 > >かかりつけ医

健康保険のしくみ・給付

かかりつけ医

かかりつけ医

 かかりつけ医には、病気を治療するだけでなく、患者の病状に応じて適切な医療機関・専門医などを紹介するコーディネーターの役割があります。
 今後、かかりつけ医の存在はますます重要になってきます。

かかりつけ医をもつと安心です

 かかりつけ医は、気になる症状について気軽に相談できるホームドクターの役割をもっています。
家族ぐるみで継続的にかかることで、体質や病歴、生活習慣、健康状態などをトータルに把握してもらえ、適切な治療やアドバイスが得られます。
 さらに、必要に応じて専門病院や専門医などを紹介してもらえます。

かかりつけ医を探すには?

 かかりつけ医を探すには、まず、地域の口コミや評判、地域医師会ホームページなどで情報収集をしましょう。
情報を集めたら、電話をしたり直接足を運んだりして、対応や雰囲気を自分で確認するとよいでしょう。

選ぶポイントは、

  • 自宅の近くで通いやすいか
  • 相性がよく、信頼できるか
  • 勉強熱心で情報収集に努めているか
  • 病気や治療法、薬などについてわかりやくすく説明してくれるか
  • 患者を抱え込まずに、専門病院に紹介してくれるか

かかりつけ医とよいコミュニケーションをもちましょう

 医療は人間同士が行うもの。患者と医師がお互いによいコミュニケーションをもつことが、よい医療を受けることにつながります。

上手な受診の方法

  • 病状を要領よく訴え、手短に聞くこと
  • 病歴やその経過を知ってもらう
  • 仕事の状況や生活習慣を知ってもらう
  • 健診の結果通知を見てもらう
  • ほかの科での問題も知ってもらう

地域医療のコーディネーターとしてのかかりつけ医の役割

地域医療のコーディネーターとしてのかかりつけ医の役割